失敗しない電子機器開発

2020年2月25日 0 投稿者: takami

 今では家電製品やスマートフォン、自動車、機械などに不可欠の電子回路を短期間かつ確実に作るための注意点について解説します。

学習用プリント基板の例

 電子回路は通常、プリント基板と呼ばれる熱に強く電気を通さない絶縁版で組み立てます。プリント基板には材質や厚みや色などの種類があり、それぞれに特長や短所があります。

 また、電子回路を作るには電子部品を使います。電子部品も色々あり、それらを組み合わせて作ります。

さまざまな電子部品

 また、電子回路の組み立てには専用の工具が必要になります。最低限必要なのは、はんだごて、こて台、ラジオペンチ、ニッパーなどです。

簡単な電子回路を組み立てている写真

 プリント基板には、既に配線されているプリント配線板と多目的に使えるが自分で配線しないといけないユニバーサル基板があります。

プリント配線板の例(既に配線されている)
ユニバーサル基板の例(自分で配線しなければならない)

 プリント配線板は「専用基板」、ユニバーサル基板は「汎用基板」あるいは「穴あき基板」と呼ばれることもあります。

 ユニバーサル基板の場合は自分が好きな回路を作れますが、配線は全部自分でしなくてはなりません。

ユニバーサル基板を使った組み立て方法はこちら

 プリント配線板の場合は1枚作るにも5万円以上の費用がかかりますが、その後は数百円~数万円で作れますので大量生産に向いています。

プリント配線板を作る方法はこちら