端子に電線をはんだ付けする方法

 端子に電線をはんだ付けするには、まず電線の準備をする必要があります。下の図に、その手順を示します。

端子に電線をはんだ付けする準備
  • 電線を「ワイヤーストリッパー」を使って被覆を8ミリほどむく
  • むいた電線の芯線部分を右回りにねじる(忘れるとヒゲが出る)
  • その芯線部分(の先端)をはんだ付けしてメッキする(予備はんだ)

 続いて、予備はんだした芯線の部分を曲げて引っ掛け、そこをはんだ付けします。この時、ショートや感電を予防したり、見た目を良くするために「熱収縮チューブ」を通すことがありますが、先にチューブを通しておかないと、後からは付けられませんので、いちど付けた電線を取ることになり、汚くなります。

端子に電線をはんだ付けする方法
  • (熱収縮チューブを被せる場合は先に電線に通しておく)
  • 予備はんだした芯線を曲げて引っかける
  • そこをはんだ付けする

コメントを残す